商品分類:集成板(フリー板)(4点)

メラピー集成板(フリー板)・チーク集成板(フリー板)

特徴 / メラピー材とは?

市場名: メラピー(Melapi)、ホワイトメランチ(White meranti)
科  名: フタバガキ科
属  名: Shorea

メラピー材は、マレーシアやインドネシアのサラワク州では、ホワイトメランチと呼ばれれていますが、サバ州ではメラピ (Melapi) 、フィリピンではイエローラワン (Yellow Lauan) と呼ばれています。

辺心材の区分は不明瞭で、材の色調は淡い黄白色をしていて、金褐色の光沢をもつのが特長。木理は交錯しており、肌目はやや粗いく、やや重硬な材です。

集成板(フリー板)とは、無垢の木片を幅方向と長さ方向に接着して作られた、大きな板(集成材・フリー板)です。メラピー集成板は、一般戸建住宅の階段用の板や出窓の天板から、学校の靴箱や道具入れなどを入れる棚などによく利用されています。



特徴 / チーク材とは?

市場名: チーク(Teak)、ジャティ(Jati)
科  名: クマツヅラ科(Verbenaceae)
属  名: Tectona
比  重: 570/m3〜690/m3

チーク材は世界3大銘木に数えられ、美しい木目と、強靭な耐久性の為、高級材として知られており、木材の中でもひときわ人気のある高級銘木のひとつです。

木理は通直で重硬なうえ、加工は容易で仕上がりも良好。耐久耐水性も良く、乾燥過程において割れや反りが出にくいのが特徴。またシロアリや害虫等にも強く、世界で最も有用かつ人気のあるチーク材。元来はミャンマー、タイ、インドネシアなどが産地ですが、その有用性のため数百年前より植林が始まり現在は、熱帯地域の東南アジア、中南米、アフリカ等の国々 で広く植林されています。

こちらは、チーク材の集成板はメラピー集成板と同様な使い方をされますが、主に一般戸建住宅の出窓の天板から、家のカウンター、本棚などによく利用されています



まずは、本体・送料ともに無料のカットサンプルでお確かめください。

商品分類:集成板(フリー板)(4点)

33㎡(20箱)以上は送料無料※北海道・東北地方、離島は別途送料