ホーム » 新着情報 » 【無垢フローリングについて】 UV塗装(ウルトラバイオレット塗装)とPU塗装(ポリウレタン塗装)の違い

【無垢フローリングについて】 UV塗装(ウルトラバイオレット塗装)とPU塗装(ポリウレタン塗装)の違い

UV塗装(ウルトラバイオレット塗装)について

UV塗装とは、UVカット、紫外線を遮断する塗装と思われる方も多いですが、実際はそうでないんです。UVとは Ultra Violet Rays の略称で「紫外線」を意味していますが、この塗装は「紫外線で乾燥させる方法の塗装」と、いう意味になります。「塗料を塗った後、紫外線を使って塗料を乾燥させて仕上げます」という事です。塗装機械の中で塗料を塗り、その後にこのUV(紫外線)を照射します。それによって塗料が数秒で乾燥・硬化します。そのシステムを使って塗装したものを、UV塗装フローリングといっています。

UV塗装の特長
  1.表面の塗膜が硬く、耐磨耗性にすぐれていて表面の傷がつきにくいという点
  2.仕上がりが美しく、鏡面仕上がりで光沢が美しい。見た目がよく高級感のある光沢
  3.機械の導入で硬化時間が早く生産が上がり、ラインの人員も少なくてすみます
  4下地に他の着色をつけることも可能で、仕上がりがいい
  5.いろんな商品への塗装が可能です

UV塗装の短所
  1.UV塗料機械が高価(塗料も導入機も高め)
  2.通常40〜50メートルのラインなので機械の設置に場所をとります
  3.平面の仕上げにはいいが、立体の製品には不向き
  4.工場内のみ塗装となります



PU塗装(ポリウレタン塗装)

PU塗装とは、ポリウレタン塗装を略してそう呼称しています。ポリウレタン樹脂塗料とは硬化中にウレタン結合するか、初めから樹脂中にウレタン結合を持っている塗料のことです。UV塗装と比較しても、表面の仕上がりや見た目はさほどかわりません。塗膜がUVと比較すると若干柔らかい程度で、木材の塗料にはよく使用されています。UV塗料と違って、塗料を塗った後、乾燥するまで時間がかかるので、完全に硬化するまで1〜2日程度要します。

PU塗装の特長
  1.仕上がり具合いもよく美しい光沢があります
  2.機械的特性が良いく硬く耐摩耗性がある
  3.外部での使用も可能
  4.UVの塗装機械と比較すると機械の導入費用は低く、わずかなスペースでも可能

PU塗装の短所
  1.塗料が硬化するまでに時間がかかるのでUVと比較すると生産性は低く、乾燥まで時間
   を要する
  2.ラックの設置や乾燥室も必要
  3.雨天時や多湿のときは乾燥するまでに時間がかかります。また乾燥するまで不純物の
   付着を避けなければならないため乾燥室をクリーンにしなければなりません
  4.生産を上げるには人員と場所を要します





≫木の基礎知識-自然塗装(自然オイル)仕上げとは?