ホーム » 新着情報 » 【無垢フローリングについて】 「面取り」「面無し」とは?

【無垢フローリングについて】 「面取り」「面無し」とは?

無塗装品の規格に「面取り」と「面無し」があります。

その違いは、フローリングの両端の部分が面になっているか、いないかの違いです。
日本では昔から「面取り(面とり)」が主流でなじみがありますが、欧米などでは「面無し(面なし)」の方が人気で主流となっているんですよ。


フローリングの面取り(めんとり)とは?
・面取りとは
フローリングの角にサンダーを掛けて角を取る事を「面取り」と言います。なので継ぎ合わせた時に溝が出ます。



フローリング面無し(めんなし)とは?
・面無しとは
文字通り「面が無い」ということ。継ぎ合わせた時に、溝が出来ず平らな仕上がりになります。